K-POPアーティストSTAYC(ステイシー)を応援します

ポッドキャストMonologuraの購読は上のプレイヤー内のボタンか、こちらのAnchorのページから各種アプリ・プラットフォーム向けのリンクをどうぞ。

2020年11月12日に、K-POPガールズグループのSTAYC(ステイシー)がデビューしていました。私は上に掲載した”SO BAD”のMVが11月13日頃にYouTubeでおすすめに出てきたことで知りました。

TWICE(「TT」「LIKEY」「FANCY」など)をはじめとする数多くのK-POPアーティストに曲を提供していることでも知られるデュオ、Black Eyed Pilseung(ブラック・アイド・ピルスン)が設立した事務所High Up Entertainmentから最初にデビューしたアーティストです。

グループ名の意味

STAYCは、”Star To A Young Culture“の頭文字を取ったもので、若い文化の星になる願いが込められています。”Youth Culture”(若者文化)でなく、”Young Culture”となっているので、中年の私は安心しました。

また、”Star to a Young Culture”は、デビューシングルのタイトルにもなっています。

メンバー(年齢の高い順)
  • スミン(リーダー)
  • シウン
  • アイサ
  • セウン
  • ユン
  • ジェイ

メンバーは、この記事を執筆時点(2020年11月17日)で15歳(ジェイ)から19歳(スミン、シウン)までと非常に若く、全員が21世紀生まれです。

私の注目点
  • デビュー曲”SO BAD”が、私の好きなドラムンベースになっている
  • Black Eyed Pilseungのトラックメイカーとしての力
  • 若いメンバーの圧倒的に美しいビジュアルとダンス
  • 最年少ジェイの低音ボイス

STAYCは、今後の活躍が非常に楽しみなアーティストです。BLACKPINKのような大スターになってほしいと願っています。

リンク